ブランドアイデンティティーとは何でしょうか? どうやってあなたのブランドを形成するのでしょうか?

ブランドアイデンティティーとは何でしょうか? どうやってあなたのブランドを形成するのでしょうか?

何があなたをあなた自身にしているのでしょう?あなたは仲間や家族、そして通りで見かける通りすがりの見知らぬ人とどう違うのでしょう?この質問への答えがあなたのアイデンティティを構成します。そして非常によく似た方法で、企業は独自のアイデンティティを持っています。

ブランド・アイデンティティという言葉は、時として誤った意味で使われることもありますが、自由に使われる言葉の一つです。しかし、強力なブランドを形成する上で重要な役割を果たしていることを考えると、その意味を十分に理解することが重要です。

ブランド・アイデンティティの重要性を理解するには、世界で最も価値のある日本のブランドを見てみる必要があります。世界的に有名なブランドの一つ一つを見てみると、私たちがそのブランドに対して抱いている感情や連想が浮かび上がってくるはずです。

 


出典: MarkeZine

トヨタとユニクロから受ける印象は大きく異なりますが、同じように鮮やかで力強いものです。それは、2つの巨大企業が築き上げてきた強固なブランド・アイデンティティの結果なのです。

ブランド・アイデンティティは重要ですが、それは一体何なのでしょうか?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。この記事では、ブランド・アイデンティティに関する多くの切実な疑問にお答えします。ここでは、彼のブログ記事の内容をご紹介します。

 

ブランド・アイデンティティとは?

ブランド・アイデンティティとは、あなたの会社がどのように見え、どのように感じられ、どのように聞こえるかということです。世界に対してブランドの本質をどう表現するかがブランドの認識を形成する全てです。ブランド・アイデンティティは主に、視聴者があなたをどのように見るかを決定するブランドの視覚的側面を中心に展開します。

ブランド・アイデンティティとは、たとえ同じ製品やサービスを販売している競合他社であっても、その企業を際立たせるものです。競合他社との共通点を認識することは有益ですが、ブランド・アイデンティティは相違点を中心に据えます。ブランド・アイデンティティは、自社ブランドのユニークな側面を見つけて強調し、観客に戦略的に伝えます。

 

ブランド・アイデンティティ対ブランド・イメージ

危険なほど類似した2つの用語は混同しやすいですが、それらが何を指しているのかを理解すれば、区別するのが簡単になることをお約束します。

ブランド・アイデンティティとは、ロゴや名前、ビジュアル・スタイルや声など、他の企業と区別するためのブランド独自の全ての要素を集約したものです。ブランドイメージとは、消費者の心の中に結晶化したブランドアイデンティティであり、彼らがあなたの会社での経験に基づいて形成した意見です。

一言で言えば、ブランド・アイデンティティとは、あなたのビジネスをどのように表現するかということであり、一方、ブランド・イメージとは、視聴者があなたをどのように認識するかということです。したがって、ブランドイメージはブランドアイデンティティに由来します。この2つが一致したとき、ブランディングが成功したと言えるでしょう。

 

出典: Marketing and Growth Hacking

 

ブランド・アイデンティティの構成要素

ブランド・アイデンティティとは何かという漠然としたイメージができたところで、その構成要素について詳しく説明し、はっきりさせましょう。先に述べたように、ブランド・アイデンティティは、ビジネスに特定のルック&フィールを与える全ての資産によって構成されます。では、その資産とは何かを見ていきましょう。

 

ブランド名

ブランド名は、おそらくブランドのアイデンティティを構成する最も直感的な要素であり、起業家が自分のビジネスのために最初に確立しようとするものの一つです。理想としては、ブランド名は短くて記憶に残りやすく、そのビジネスが何であるかを示唆するものです。

過度に説明的なブランド名は、当たり障りのない一般的なものに見える可能性があるため、会社の説明的な名前ではなく、示唆に富む名前を使用することをお勧めします。

 

ロゴ

ブランドを構成する要素の中で、2番目にわかりやすく、観察されやすいのがロゴのデザインです。ブランドのロゴは、顧客とのほぼ全てのやりとりの中で存在するため、ブランドの認知度に大きな影響を与えます。

最も有名なロゴは、人々に特定のメッセージを伝えるために意図的に作られています。象徴的なロゴのストーリーを知りたい方は、以下の動画をご確認ください。

宣伝文句

視覚的ではありませんが、非常にインパクトのあるものとして、企業のタグラインがあります。宣伝文句とは、広告などでロゴマークと一緒に表示される短い言葉のこと。よく知られているのは、マクドナルドの「I’m lovin’ it」(「美味しい! 大好き!」)やアップルの「Think Different」(「発想を変える」)など。これらの短いフレーズは、具体的な内容を説明することなく、それぞれの企業の特徴を見事に表現しており、これこそが優れた宣伝文句のあるべき姿なのです。

 

カラーパレット

ロゴは青と緑のどちらにすべきでしょうか?色彩心理はブランディングと密接に関係しており、ブランド戦略を構築する上で無視できない要素です。色は人間の世界観に影響を与えますが、成功している企業はこれをうまく利用しています。

ブランドのカラーパレットには通常、1〜3色の原色と数色の副色が含まれています。これらの色調はロゴだけでなく、ウェブサイトやパッケージ、広告などにも適用されます。

 

ウェブサイトやSNS用のグラフィックス

顧客がオンラインでブランドを識別できるようにするには、ウェブサイトやソーシャルメディアページ等のオンラインプラットフォームで一貫したビジュアルスタイルを確立することが重要です。

同一のイラストスタイル、アニメーションキャラクター、類似のアイコンなどを使用することで、ブランドの全体的なルック&フィールを維持し、一目で認識できるようにします。

 

その他の視覚要素

ブランドのアイデンティティを形成するタイポグラフィの力を無視することはできません。ワードマークのロゴをお持ちの方は、タイポグラフィの選択がデザインの良し悪しを左右することをご存知だと思います。それは、ブランドのデザインにおいても同様です。

 


出典: Digital Synopsis

選んだ書体やフォントがランダムで一貫性のないものだったら、観客に影響を与える機会を失うだけでなく、せっかく構築したブランドイメージを損なってしまうかもしれません。

形状もまた、ブランド・アイデンティティの一部として活用されていない興味深い要素です。ロゴからパッケージデザインまで、使用する形は人々に与える印象を左右します。例えば、丸い形は、デザインにソフトでクリエイティブな雰囲気を与えます。

反対に、シャープなエッジや尖った角度は、洗練された印象を与え、信頼性、安定性、力強さなどのイメージを人々に与えます。

ブランド・アイデンティティを構成する全ての要素は、効果的に機能するようにまとまっていなければなりません。バンドと同じように、クラシック音楽を演奏するにしても、ヘビーメタルを演奏するにしても、K-POPを演奏するにしても、それぞれの楽器がお互いに調和してメロディーを奏でる必要があります。ブランド・アイデンティティもそれと同じ原理で成り立っています。

 

強力なブランド・アイデンティティを構築するには

新しいビジネスの基礎を築くときも、ブランドを再構築するときも、このステップ・バイ・ステップのガイドがあなたを助けてくれます。考え抜かれたアイデンティティを構築するのは大変な作業に思えるかもしれませんが、この5つのステップを実行すれば、十分に管理可能です。

 

  1. 基盤を築く

長く使えるものを作りたいと思いませんか?まずは土台作りから始めましょう。何もないところから、完璧で賢明なアイデンティティを作り出すことはできません。アイデンティティは、ブランド戦略に基づいて作られなければなりません。ブランド戦略は、ビジネスゴールへの道筋です。

しかし、その目標を達成するためには、まず目標を定義する必要があります。

  • あなたが自分のブランドを完全に理解し、顧客が同じように理解できるようにするために答えなければならない最も重要な質問を紹介する。なぜ私のブランドは存在するのか?何を目指しているのか?これは、あなたのブランドの目的、大きなビジョンです。あなたのビジネスの目的を簡潔にまとめた、明確なミッション・ステートメントを作る。
  • あなたのバリュープロポジションは何ですか?顧客はあなたに何を期待しているのでしょうか?
  • あなたのブランドを人間に例えると、どのような姿や声をしているか?どのような個性を持っているか?
  • 焦点を当てたい短期および長期の目標は何ですか?

 


出典: Hartley & Soul

 

  1. 業界と競合他社を研究する

自分のブランドを知ったら、その周辺や競合他社についても知らなければなりません。自分のブランドを賢く位置づけるためには、市場や競合の徹底した調査が欠かせません。

SWOT分析(強み、弱み、機会、脅威)を行って、競合他社、業界、主な目的に対する自社の立ち位置を把握しましょう。

 

  1. あなたの顧客を研究する

顧客は、親近感のあるブランドアイデンティティを形成するための大きな指針となります。探究心を持って見つめるだけで、貴重な手がかりが得られます。ターゲット層、または既存の顧客ベースを持っていない場合は直接の競合相手のオーディエンスを調査します。

あなたの顧客はどんな人たちですか?彼らはあなたのような会社から何を求めているのか?ターゲットの人口統計、心理統計、購買行動などのパターンに注目してください。顧客を分析することで、彼らの心に響くアイデンティティを作り出せる可能性が格段に高まります。

 

  1. デザインに取り掛かる

集めた情報をビジュアルデザインに落とし込んでいきましょう。まず最初に、全てのデータを自社を表す3つの言葉に凝縮します。そして、その言葉をデザインで表現してみましょう。

例えば、あなたのブランドを表す言葉が「ポジティブ、若々しい、フレッシュ」であれば、それを最もよく表す色は黄色です。同じようなエネルギーを感じさせるシンボルや書体で、黄色に似合うものを考えてみましょう。タイポグラフィについては、Google Fontsが参考になります。

オンラインのロゴ作成ツールでロゴに適したデザインを見つけ、完璧に見えるまで微調整することができます。検索バーにキーワードを入力するだけで、ブランドマークの選択肢が何十種類も出てきます。

Renderforest logo maker tool

ロゴを制作する

ロゴ、カラースキーム、タイポグラフィが決まれば、ウェブサイトのUI、ソーシャルメディアのグラフィック、製品パッケージ、Eメール、ブランドマーチャンダイジングなどのデザインを始めるためのベースができあがります。

確立されたブランドがあり、それをブランド変更したい場合は、各ブランド資産の有効性を分析します。おそらく、オーディエンスとのつながりに失敗したり、ブランドの他の部分と一致しない要素がいくつか見つかるでしょう。

前の手順でコンパイルしたデータを使用して、開発が不十分なコンポーネントを再ルーティングおよび改良します。ロゴが会社の本質を表していない場合や、特定の視聴者を引き付けるためにトーンを変更する必要がある場合があります。

ブランドアイデンティティの流動的な性質により、最も有名な企業の間でもブランド変更は珍しくありません。 eBay、Instagram、Microsoft、Google、Mastercard、そしてその他の多くの企業は、何度も外観に目立った変化を施しています。

 

  1. ブランドのアイデンティティを育てる

ブランドのアイデンティティを構築することは、植物を育てることに似ています。種を植えて終わりではなく、それを維持し、成長させるための一貫した努力が必要です。自分のブランドを表現する方法に一貫性がないと、権威を強固にするどころか弱体化させてしまいます。

ブランドのスタイルガイドを作成し、重要なスタイルの選択を明確にすることは重要です。特に大規模なチームでは、ブランドの完全性を維持するために全員が同じ考えを持たなければなりません。

こちらでは、Appleロゴの使用に関するAppleのブランドガイドラインを少しだけご紹介します。ガイドラインの全文はこちらからご覧いただけます。

出典: Apple

調査、投票、ソーシャルリスニングなどを通じてブランドアイデンティティを定期的にモニターしましょう。これにより、ブランドの評判に目を配り、起こりうるミスコミュニケーションを防ぐことができます。

 

影響力のあるブランドアイデンティティの例

手元にある課題の成功例を研究するだけでも、多くのことを学ぶことができます。ここではその方法をご紹介します。象徴的なアイデンティティを生み出しただけでなく、その業界やブランディングの技術そのものに大きな影響を与えたブランドの例をご紹介します。

 

1. コカ・コーラ

暑くて気だるい午後を想像してみてください。エネルギーレベルを上げるには、さわやかな飲み物が必要です。あなたは友人に「コーラを買いに行く」と言いますか、それとも「ソフトドリンクを買いに行く」と言いますか?きっと前者だと思います。なぜでしょうか?

それは、コカ・コーラが賢明にも非常に熱心に、リフレッシュ、エネルギー、楽しさの代名詞としてのアイデンティティを確立したからです。私たちは無意識のうちに、そのような感情を刺激したいときにコカ・コーラのボトルに引き寄せられるのです。言うまでもなく、これはブランド・アイデンティティ構築の見事な実行力です。

 

2. ナイキ

私たちは、ナイキと出会う度に、やる気や力が湧いてくる傾向があることに気づいたことがありますか?その理由は、深く考えなくてもわかると思います。ナイキのロゴやキャッチフレーズは、スピード感、自信、やる気を感じさせるデザインになっています。

当初35ドルだったこのスウッシュは、今やパワーとアスレチックの世界的なシンボルとなっています。ナイキの社名がギリシャ神話に由来し、ナイキが勝利の女神であることは偶然ではありません。この勝利のテーマは、ナイキのすべての投稿、製品、コマーシャルに一貫しています。

 

3. テスラ

技術オタク、スポーツカー愛好家、そして環境意識の高い消費者を結びつけるという点では、テスラほど優れた企業はありません。テスラの電気自動車のロゴを見なくても、その未来的で洗練されたデザインを見れば一目瞭然です。

革命的な製品とユニークなマーケティング手法により、テスラは自動車業界のみならず、世界で最も革新的で刺激的、かつ未来志向の企業のひとつとして位置づけられています。

 

まとめ

ブランド・アイデンティティとは、あなたのビジネスを他と区別するものであり、あなたのオリジナルで特別なものを強調するものです。ブランドの独自性を知ることと、それを効果的に世間に伝えることは別の問題です。だからこそ、ブランド・アイデンティティを構築するためには、明確な意図とスマートな戦略が必要なのです。

ブランド・アイデンティティは、常に一貫性があり、決して堅苦しいものではありません。一貫性があるからこそ、ブランドの認知度が高まり、ブランドアイデンティティのデザインが成功するのです。ブランドの各側面を慎重に検討し、すべてが美しく結びついてバランスのとれたアイデンティティになるようにしましょう。

あなたのビジョンを創造的に反映するロゴを作って、ブランドデザインの旅に乗り出します。 適切なデザインを見つけて、数分で完璧にカスタマイズしてみたらいかがでしょうか。

デザインを探す

User Avatar

による記事

独占インタビューや便利な説明書、毎週発行される面白い記事が載っている弊社のブログをお楽しみください!

レンダーフォレストのスタッフ の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon