赤色はあなたのブランドに合っていますか?

赤色はあなたのブランドに合っていますか?

ロゴのデザインは非常に重要ですが、ブランドロゴを印象的で記憶に残るものにするには、どのような色を選ぶかが重要です。赤は人間の目に最も早く映る原色のひとつであるため、多くのブランドがロゴカラーとして採用しています。

コカ・コーラ、Netflix、YouTube、CNN……これらのブランドはすべて、鮮やかな赤の色合いを使って目立たせ、見る人の心にインパクトを与え、強い感情を呼び起こしています。

しかし、自分のブランドにとって赤が適切な色であるかどうかは、どうすればわかるのでしょうか?

ロゴに赤を使用する際のベストプラクティス、その色彩心理、そして最終的にあなたのロゴに必要な色かどうかを見極めるために、ぜひお付き合いください。

 

赤色の心理学

赤は、世の中で最も目を引く色の1つです。 これは、赤ちゃんが白黒よりも視認できる最初の色であり、非常にユニークで派手なものになっています。また、さまざまな文化において重要な色であり、世界中の国旗に使用されている最も人気のある色です。

現在では、赤は主に怒りや情熱、誘惑、そして危険や冒険を連想させます。しかし、この色が使われる場所や方法によって、その意味は全く変わってきます。

デザインの「世界」では、ロゴに関しては、若々しさ、エネルギー、情熱、自信、決意、興奮、大胆さなどを表現しています。

赤は注目を集める色であり、デジタルやオフラインのマーケティングで広く使用されている理由でもあります。「今すぐ注文」や「登録」などの主の行動喚起の多くは、このダイナミックな色のおかげで高いコンバージョン率を実現しており、その効果の高さを証明しています。

赤は単独でも、他の色と組み合わせても、ロゴの色として強力な選択肢となります。この色の持つ力強さに触発されて、さまざまな業界の多くのブランドがこの色を個性的な色にし、忘れられないものにすることに成功しています。詳しくは後述します。

 

赤色のロゴが使われる業界

色彩心理学の統計によると、世界で最も認知されている企業の29%が、赤を主要カラーとして使用しています。これは、青(33%)に次いで2番目に使用されているブランドカラーです。

エネルギッシュで威厳のある雰囲気を持つ赤は、さまざまな業界のブランドのロゴカラーとして使われています。食品やエンターテインメントの分野では、赤を使ったブランドがたくさんあります。しかし、それだけではありません。

では、どのような業界のロゴに赤が使われているのか、数ある色の中でなぜこの色が選ばれているのかを見てみましょう。

食品業界

多くのフードチェーンやレストランでは、ロゴの主要カラーとして、あるいは小さなディテールとして赤が使われています。赤は空腹感や興奮を呼び起こし、人々の食欲を刺激するので、この業界には最適な色です。

Coca-Cola, KFC, McDonald’s, Wendy’s, Pizza Hutなど、食品業界の多くのブランドが、この色でロゴを記憶に残りやすい印象的なものにしています。

red logo - food logo

ファッション業界

ファッションブランドのロゴにおいて、赤は「若さ」「自由な精神」「大胆さ」「遊び心」を表しています。衝動的に買い物をする人の注意を引くのに適した色です。人の心拍数を上げ、新しいことに挑戦したくなるような、興奮を連想させる色でもあります。

赤はロゴやキャッチフレーズを遠くからでも読めるようにするとともに、お客様に長く印象を残す効果があります。衣料品や小売業のブランドは、赤のロゴを使うことで、競合他社に差をつけ、実用的なブランドであることをアピールしたいと考えており、実際に成功した例もあります。

SupremeLevi’s、H&M、Uniqloなどは、赤いロゴを採用した有名なファッションブランドのほんの一例です。

red logo - red fashion logo

テクノロジーとメディア

オンラインでもオフラインでも多くのメディアやテクノロジー企業が存在し、競合と差をつけるために戦い続けています。そんな企業の中には、真っ赤なロゴで注目を集めるという素晴らしいアイデアを思いついたところもあるようです。

赤は緊急性と重要性を表しているため、この分野のブランドが人々に強い影響力を持つのに役立ちます。

CNN、Time、Rolling Stone、Adobeなどのメディアやテクノロジー関連のブランドは、この業界の代表格として誰もが思い浮かべるでしょう。

red logo - media red logo

エンターテインメント

Netflix、Marvel、YouTube、Pinterest、Lego… これらのブランドから連想する色は何ですか?もちろん、ジュースのような赤です。

これらのブランドは、最も鮮やかな赤の色調をブランドの象徴的な特徴のひとつにしています。現在では、特徴的な赤のロゴなしでは想像できないほど、エッジとスタイルを与えています。

red logo - entertainment red logo

赤いロゴの色の組み合わせ

前述のように、赤は多機能の原色であり、愛や情熱、飢えや若さ、興奮や大胆さ、重要性など、さまざまな意味を持っています。

通常、赤は寒色系の色と組み合わせて、赤の「興奮」を抑えて目に優しい色にします。

ここでは、赤と他の色の最も有名な組み合わせと、有名なブランドがロゴでどのように使用しているかご紹介します。

赤と白

白は赤と最もよく使われる色であるだけでなく、すべての色の組み合わせの中で最もよく使われる色でもあります。

白と組み合わせると、赤はよりゆったりとした色になり、ロゴを大胆に、モダンに、そして若々しく見せることができます。赤と白のコラボレーションの最も有名な例としては、Supreme、Coca-Cola、YouTube、Levi’sなどを挙げることができます。

red logo - red and white logo

赤と青

このコンボはファッション業界で主に使用されています。クールな色である青は、赤をより成熟したものにしてくれます。ダークな色合いの青と組み合わせることで、赤はよりレベルアップします。

濃い青は赤のエネルギーを一変させ、快適で達成感のあるブランドの印象を与えます。

Fila、Champion、Tommy Hilfiger…これらのファッションブランドはすべて、ロゴに青と赤を組み合わせていて、私たちの心を掴んでいます。

red logo - red and blue logo

赤と黒  

黒と赤を使ったロゴは、赤と白や青を使ったものほど目にすることはありませんが、この2つの色を合わせると、モダニズムや重要性を感じさせる、パワフルでエッジの効いた雰囲気になります。

赤と黒のロゴで印象的なのは、Netflixのロゴです。このロゴを見ただけで、私たちは映画の世界に熱中し、このプラットフォームでお気に入りのテレビ番組を見たいと思うようになります。

red logo - red and black logo

赤と黄色

プライマリーレッドやさくらんぼの赤は、イエローやその中間色であるオレンジなど、さまざまなトーンの色との相性が抜群です。赤と黄はどちらも暖色系の色で、一緒に使うと暖かい日の出、心地よい夕焼け、火事、秋などを連想させます。

この2色のコラボレーションによるロゴは、ポジティブで情熱的な印象を与えます。McDonald’s、Lays、Chupa Chups、Kodakなどは、赤と黄色を組み合わせることで、お客様に温かく家庭的な雰囲気を与えています。

red logo - red and yellow logo

赤と緑 

赤と組み合わせた場合、(ダークまたはライト)はその安定性と調和をもたらし、二つの組み合わせはバランスのとれたものになります。この2つの組み合わせは、力強さと情熱、そしてスタイルと気品を感じさせます。

この組み合わせで頭に浮かぶのはGucci、 Mountain Dew、 Heinekenなどのブランドです。これらのブランドは、そのロゴのおかげで信頼されており、どんな店でも見分けがつきます。

red logo - red and green logo

赤いロゴはブランドに適していますか?

大胆さ、情熱、愛の色である赤は、お客様の注目を集め、信頼を得るために最適なロゴの色です。

それは潜在顧客を興奮させ、あなたのブランドに彼らを引き付けることができます。若々しくエネルギッシュで、既成概念にとらわれない革新的なソリューションやアイデアを提供できるブランドだと思ってもらえるでしょう。

では、あなたのブランドにとって赤は適切な色なのでしょうか?この質問に答えるには、まずあなたのビジネスが何であるかを考える必要があります。

あなたのブランドが食品やエンターテイメント関連であれば、人々の食欲や関心を高め、ファッションブランドであれば、人々の中にある買い物好きの感覚を目覚めさせるでしょう。

出典: SearchEngineJournal

 

この派手で自信に満ちた色は、白や青などのクールな色と組み合わせれば完璧なロゴになります。

しかし、この色は緊急性や危険性を表す色でもあることを覚えておく必要があります従って、あなたのビジネスが金融や医療の世界に属している場合は、特に慎重に使用する必要があります。 これらの分野に関しては、落ち着きと安心感を与える色とはほど遠いので、ロゴに適用する際には、その背後にある意味を考慮する必要があります。

つまり、ブランドに遊び心と自信に満ちた派手な色を求めるのであれば、チェリーやトマト、スカーレットやローズの色調を持つ赤は、間違いなくあなたのゴーイングカラーになるでしょう。

出典: Zhuanlan

赤いロゴをデザインする方法は? 

赤い色調を使ったロゴを作成する準備はできていますか?Renderforestのロゴ作成ツールを使えば、わずか数分であなたのブランドの赤いロゴを作成することができます。

Renderforestで赤いロゴを作成するには、2つの方法があります。

ブランド名と詳細情報を入力し、ロゴのスタイルを選択すると、AI基軸のロゴシステムが魔法をかけて、関連性のあるロゴデザインを提案してくれます。

red logo - create logo

または、Renderforestの「ロゴの制作」でブランドの業種を選び、様々なロゴを見てみましょう。ここでは、あなたのブランドに最も適したロゴテンプレートを選び、編集を始めることができます。

リストからテンプレートを選び、そこに会社名やキャッチフレーズを追加することができます。ロゴデザインの各部分のサイズや色、スタイルや不透明度なども編集できるので、よりブランドに適したデザインにすることができます。

さあ、完成です!わずか数回のクリックで、あなたのロゴが完成します。

その後、完成品をお好みのロゴファイル形式でダウンロードすることができます。

まとめ

赤は最も感情的で人目を引く色の一つであり、ブランディングカラーとして人気があります。ロゴデザインでは、興奮や情熱、遊び心のあるエネルギーや重要性などを象徴しています。

フードやファッション、技術やメディア、エンターテインメントなど、印象的な赤のロゴデザインはたくさんあります。コカコーラ、マクドナルド、CNN、シュプリーム、グッチ、Netflixなどの有名ブランドは、人々のさまざまな感情を呼び起こすためにロゴに赤を使っています。

しかし、赤が自分のブランドにふさわしい色かどうかどうすればわかるのでしょうか?それにはまず、自分たちのブランドがどのような市場に属しているのか、そして潜在顧客にどのような感情を起こさせたいのかを考える必要があります。

色を決めたら、素早く効率よく赤色のロゴを作りましょう。下のボタンをクリックして始めてください!

 

今すぐ制作

User Avatar

による記事

独占インタビューや便利な説明書、毎週発行される面白い記事が載っている弊社のブログをお楽しみください!

レンダーフォレストのスタッフ の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon