2020年度知っておくべき動画マーケティング統計結果44

2020年度知っておくべき動画マーケティング統計結果44

11分で読めます  

31 Jan 2020

最新の動画マーケティング統計で2020年の戦略の準備はできていますか?それなら真っ先に新しいインフォグラフィックを始めましょう!

近年、動画コンテンツはこれまでにない人気度に達しました。 SNSからWebサイト、YouTubeやVimeoなどの動画共有プラットフォームに至るまで、現在ではオンライン世界の隅々まで浸透しています。 企業は、動画コンテンツをマーケティング戦略に織り込むことで、この新しい状況に適応しています。

マーケティング戦略の成功は、基づいている統計の正確さに左右されます。もちろん、動画は人気があります。しかし、マーケティングでどのタイプの動画が機能するのか、または最良の結果を得るには動画をいつどこで投稿するのかを知らない限り、あなたの努力は無駄になります。 このように、最新のトレンドを常に把握しておくことが重要であり、さらに何が先にあるのかを知ることが重要です。

もしも動画マーケティングを試すことを未だためらっていたり、一体なぜ統計が重要なのか不思議に思う場合は、読み進めて下さい!

あなた方に素晴らしい大量の新規の統計を見せるため、去年のように、我々はユーザーにアンケートを取りました。なので、我々より動画マーケティングに詳しい者はいないと言っても良いでしょう。私たちのインフォグラフィックは、1000人以上の参加者の回答に基づいています。

読書を楽しみ、これらの統計に基づいて素晴らしいビデオマーケティングの戦略を提案してください。
Renderforest Video Marketing Statistics 2020

このHTMLコードを使用してWebサイトでインフォグラフィックを共有できます。

 

動画コンテンツの利点

  • 70%の企業が、動画がブランド認知度を高めると言っています。
  • 51%の企業が、動画がトラフィックを増やすことに同意しています。
  • 動画は潜在顧客を66%増やす役に立ちます。
  • 商品に関する動画を見た後では、その商品の購入率が44パーセント上昇します。
  • 85%の人が、ブランドとより効果的につながるのに、ビデオが役立つと言っています。
  • 85%の企業がマーケティングで動画を使用しています。
  • 動画を使用している企業の88%がROIを改善しています。

 

動画の種類

  • 説明動画は最も一般的なタイプのマーケティング動画です。62%の企業が説明動画を使用しています。B2Bビジネスの82%が説明動画を使用しています。
  • 46%が動画でロゴアニメーションを使用しています。
  • 38%が動画広告を使用しています。
  • 33%がデモ動画を作ります。
  • プロモーションビデオは、オンラインで一番エンゲージメントが少なくなります。企業の44%が有益な動画のパフォーマンスが最高であると答え、37%が面白い動画が一番効果的であると感じています。
  • 有名なブランドの80%はSNSのストーリーズを使用しています。
  • ユーザーの43%がライブストーリーズを視聴し、30%がライブイベントを視聴し、27%がウェビナーです。
  • 顧客は、動画広告は新しいブランドを発見する一番の方法だと言います。
  • 94%の人が説明動画を見て、製品やサービスをよりよく理解しています。
  • B2Bビジネスの58%は、動画でロゴ アニメーションを使用しています。
  • ジェネレーションYの93%は、YouTubeで「ハウツー」動画を視聴しています。

 

動画とプラットフォーム

  • 71%の企業が動画をSNSに投稿し、63%がYouTubeに、50%がWebサイトに、11%がVimeoに投稿しています。
  • 企業の58%がホームページに動画を掲載しています。
  • ユーザーはウェブサイトに動画があれば88%増の時間を費やします。
  • LPの動画は、コンバージョンを最大86%増加させます。
  • 44%の人が、メールに含まれる動画を見ると答えています。
  • メールに動画を含めると、クリック率が最大300%増加します。
  • 今のところ、メールマーケティングで動画を使用している企業はわずか25%です。

 

SNS動画

  • ユーザーの81%は、他のコンテンツタイプよりもソーシャルメディアの動画を好むと答えています。次に画像で68%が優先され、テキスト投稿が3番目(31%)になります。
  • ブランドのソーシャルメディアページに動画コンテンツがある場合、75%の人がそのページをフォローする可能性が高くなります。
  • 企業の74%が、SNSで一番多くのエンゲージメントを獲得していると答えています。
  • 企業の56%は毎月最大5本の動画をSNSに、30%はそれ以上を投稿しています。
  • 90%の人がYouTubeで動画を、51%がFacebookで動画を、38%がInstagramで視聴しています。
  • Facebookでは、ネイティブ動画はYouTubeから共有される動画よりも最大8倍高いエンゲージメントを獲得しています。
  • プレビューを投稿すると、IGTVでの視聴率が約300%増加します。

 

動画の消費

  • 動画のトラフィックは、2022年までに全ての顧客のトラフィックの82%を作り上げます。
  • YouTubeでは毎日10億時間以上の動画が再生されています。
  • YouTube動画の大半は、午後8時から午後11時に視聴されます。
  • ユーザーの43%が毎日30分、34%が30分から1時間で、23%が1時間以上の動画を視聴しています。
  • 携帯電話は動画視聴に使用する最も一般的なデバイスです。 63%が主にモバイルで動画を視聴し、30%がラップトップまたはPCで、7%がタブレットで視聴しています。

 

動画の尺

  • 47%の企業が、1〜2分の動画がSNSで最も効果があると言っています。
  • 65%の人が長い記事を読むよりも、長い動画を見る傾向があります。
  • Instagram動画の場合は30秒、Twitter動画の場合は45秒、Facebookの場合は1分が最適です。 YouTubeでは長い動画が最も効果があります。

 

動画での解決策

  • 実務では動画制作に75%がオンラインの自己開発プラットフォームを使い、16%は設計開発チームを持っており、残りはフリーランサーを使うかもしくは外部委託しています。
  • 86%の企業は(宣伝)ビデオの内容を膨らませたいと考えています。
  • 動画制作を拡張する際の問題点としては、価格(56%)や時間がない(31%)、制作作業への苦労(13%)があります。
  • 97%もの企業がビデオ制作コンテンツ作りを2020年(令和二年)の最優先課題に挙げています。

 

これで、動画コンテンツを獲得してマーケティング活動を促進する全ての情報が揃いました。 テンプレートを選択して、今すぐに魅力的な動画を作りましょう。

今すぐ作成

 

出典: Renderforest Video Marketing Survey 2020, HubSpot, OptinMonster, Think with Google, Animoto, Hootsuite, Forbes, quintly, Later, Cisco, Official YouTube Blog

User Avatar

による記事

毎週公開されている、独占インタビュー、便利なチュートリアル、興味深い記事など、当社のフォレストブログを是非ご覧ください。

Renderforest Staff の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon

Would you like to change Renderforest language to English?