Search icon
オープニング動画が必要な理由
トピック  
オープニング  

オープニング動画が必要な理由

10分で読めます  

14 Aug 2018

オープニング(イントロ)は動画の導入部分です。通常はブランドを紹介して動画の視聴者を準備します。あなたはブランドロゴをフィーチャーしたオープニング動画をたくさん見てきました。それらはロゴアニメーションと呼ばれます。

動画を制作しようとしている場合は、オープニング動画を利用すべきかどうか疑問に思うでしょう。どんな機能を果たすのでしょうか? この記事でその質問に答えます。次にプロフェッショナルなオープニング動画を制作するために使用できるテンプレートを紹介します。

 

  1. イントロでブランドを強化

人々が特定のブランドと関わる時、その要素のいくつかを意図せずに記憶します。ロゴ、ブランドの視覚スタイル、ユニークな声、メインの配色など、何度も繰り返されるものです。動画に関しては、この認識可能な要素がオープニング動画です。

これが、多くのブランドがロゴアニメーションをイントロとして使用する理由です。 ロゴはそれ自体が重要なブランド要素です。 オープニング動画で一貫して使用すると、ブランドアイデンティティを強化するのに効果的です。

 

  1. 一目で信頼させます

人々が初めてあなたのブランドに出会った時は何も認識されません。しかしそれは長く続きません。実際の調査によると、人々は一瞬で第一印象を与えます。その瞬間に信頼すれば動画を見続けます。そうでなければ視聴者は離れていくでしょう。

確立されたブランドでさえも、動画でロゴアニメーションを使用しています。 たとえば、TED-Edは、TEDのよく知られている拡張機能であり、短い動画アニメーションを通じてアイデアや知識を広めることを目的としています。 チャンネルの教育動画は、常に数秒間のロゴのアニメーションから始まります。 短くてシンプルです。

オープニングのような細かい部分は、あなたのブランドに対する最初の信頼を生み出したり、壊したりします。 高品質のイントロはプロ意識を与えます。 あなたが仕事を真剣に受け止めていることを聴衆に伝えます-まさに細部まで。 インタラクションの最初の数秒を壮観にして、視聴者を維持する可能性を高めました。

 

  1. オープニングはウォームアップの機能を果たします。

友人や知人に会うとき、まず何をしますか? まずは彼らに挨拶すると思います。いきなり白熱した会話になることはないでしょう。ふつうは挨拶の後に行われます。

同様に、動画をウォームアップから開始して徐々に(または迅速に)メインポイントに移行する必要があります。 そうすることで、視聴者が動画に集中できるようになります。

 

オープニング動画の使い方

一部のYouTuberがプロ並みのオープニング動画を使ってチャンネルを宣伝します。

Epic Rap Battles of Historyは、史上最も成功したYouTubeシリーズの1つです。 彼らは文学、歴史、政治、映画、漫画などから二人の人物を選び、戦いをします。 バラック・オバマがミット・ロムニーと戦って、実際の生活ではいえないことをお互いに言い合っていると想像してみてください。

CrashCourseはYouTubeのチャンネルで、天文学からアメリカの歴史、解剖学から心理学まで、たくさんのトピックを扱っています。知識豊富な様々なホストが、魅力的な方法で色々なトピックを提示し、動画をを楽しくしています。 現在は700万以上のビューがあります。ところで、その共同創作者の1人は、「The Fault in Our Stars」(きっと、星のせいじゃない)のニューヨークタイムズのベストセラー作家、ジョン・グリーンです。

Yuyaさんはメキシコの美容動画のブロガーであり、YouTuberです。 2017年、彼女は1900万人以上のチャンネル登録者を擁する世界で27番目に人気のあるYouTubeユーザーでした。 2015年、Yuyaは月額約41,000ドルを獲得しました。 彼女の動画ブログは非常に人気があり、2冊の本を出版し、香水と化粧品のコレクションをリリースしました。この人気により、彼女はビデオの冒頭で今だにイントロを使用しています。ご覧ください!

みんな一度はTEDを観たことがあるでしょう。影響力のある動画であり、多くの専門家が色々なトピックに関するアイデアを共有しています。TEDは1984年に始まり、現在では100を超える言語で科学からビジネス、グローバルな問題まで、ほぼ全てのトピックを網羅しています。一方、TEDxイベントは独立して開催され、世界中のコミュニティでアイデアを共有するのに役立っています。全ての動画にはオープニングがありますが、かなり印象的です。

少なくともThe Annoying Orange(アノーイング・オレン)シリーズの1つは見たことがあるでしょう。10代の頃に8mmビデオカメラで動画を作り始め、2005年にGagfilms社を設立したデーンボーによって作成され、世界的に有名なコメディウェブシリーズのオープニング動画も使用しています。

さあ、キャッチーなオープニングでプロ並みの動画を作りましょう。

下記の最新イントロテンプレートをチェックしてください。

 

  1. 謎めいた煙のロゴ動画

このダイナミックな煙が視聴者を魅了するでしょう。謎めいた煙のロゴ動画を使えば、ブランドの周りにミステリアスな空気を醸し出すことができます。

今すぐ編集する

 

  1. メタリックキューブのロゴビデオ

メタリックキューブのロゴビデオで見事にブランドを見せつけてください。 ロゴを追加して、印象的なオープニングがわずか数分で手に入ります。

今すぐ編集する

 

  1. ルービックキューブロゴ 動画

ルービックキューブのロゴでこの質問に視聴者へ答えてもらいましょう。今すぐ試してみませんか。

今すぐ編集する

 

  1. カラースプラッシュロゴ動画

あなたのブランドの楽しい精神を現しましょう。カラースプラッシュロゴ動画を使えば、すぐに視聴者の注目を集めることができます。

今すぐ編集する

 

  1. グリッチカラーロゴ動画

グリッチカラーロゴ動画であなたの会社を素晴らしい形で紹介しましょう。ロゴをアップロードして数分で印象的なアニメーションを取得します。

今すぐ編集する

ブランドをユニークな方法で即興で提示してください。 短くして、カスタムの音楽やサウンドを追加できます。 また、インスピレーションが必要な場合は、イントロテンプレートのライブラリを見て、改めて用意されたオープニング動画を使ってください。

テンプレートの編集方法がわからない場合は、こちらのチュートリアルをご覧ください。

User Avatar

による記事

毎週公開されている、独占インタビュー、便利なチュートリアル、興味深い記事など、当社のフォレストブログを是非ご覧ください。

Renderforest Staff の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon

Would you like to change Renderforest language to English?