初心者用のYouTubeマーケティング戦略のコツ18選

初心者用のYouTubeマーケティング戦略のコツ18選

13分で読めます  

15 May 2020

自分のYouTubeチャンネルを作りたい方へ。何から始めれば良いのかなど、この記事では完全なYouTubeマーケティング戦略をご紹介します。さぁ、記事を読んでみて最初からYouTubeチャンネルを成長させましょう!

あなたのチャンネルに訪問者を集めて登録してもらう方法や視聴者に適したコンテンツの作成方法、チャンネルのブランディング方法など、YouTubeのマーケティングについて一緒に考えていきましょう。さあ、始めましょう!

 

 

第1部:チャンネル全体のコツ

 
  1. ターゲット層(ターゲットとなる顧客)を理解する

これまでで、あなたのチャンネルが何についてか分かったと思います。しかし顧客が誰であるか、そして彼らがあなたの動画を見る理由について考えましたか?

YouTubeチャンネルを成功させるには、ターゲットとなる顧客を念頭に置いて各動画を作成する必要があります。彼らの興味やニーズ、視聴の好みに完全に合わせるべきです。


画像: Local Advertising Journal
 

毎日とても忙しい人々の為に簡単なレシピをアップロードする料理チャンネルがあるとしましょう。視聴者が少しの時間さえも惜しんでいることを考えると、レシピのように短く簡潔な動画を作るべきだと考えられています。両方の動画とも各レシピの長さが約30秒であることに注目してください。

これは視聴者に合わせて動画を調整する一例にすぎません。

 

ペルソナ(外的人格)を作る

色々な興味や人口統計を持つ人々があなたの動画コンテンツに興味を持っている場合はどうでしょうか? この場合、購入者のペルソナ(YouTubeに関しては「オーディエンスペルソナ」と呼ぶべきかもしれません)を作成してオーディエンスをセグメント化するのが最善です。

購入者やオーディエンスのペルソナは、「理想的な」顧客、この場合は登録者を表す架空のキャラクターです。これはコンテンツを作るときに視聴者を念頭に置く役に立ちます。開発されたペルソナは、YouTubeのマーケティング戦略の礎となります。

料理チャンネルの例に戻ると、料理を楽しむ人々を含めて視聴者を拡大するかもしれません。そうすると、短い動画に加えてもっと複雑な料理をカバーするために、より長い動画も作り始めるでしょう。この場合、コンテンツを作成するための2つの異なるペルソナを持つことになります。

自分のチャンネルのオーディエンスペルソナを作る特別なテンプレートがオンラインで用意されています。こんな感じです。

出典: HubSpot
 

もちろん、オーディエンスを定義することは1回限りのビジネスではありません。 チャンネルが大きくなっても、YouTubeアナリティクス(この記事の後半で説明します)を監視して、実際に動画を視聴しているのは誰かを確認する必要があります。

既存の視聴者の人口統計と興味について知ることは、コンテンツをニーズに合わせて調整する役に立ち、それはチャンネルを成長させ続けることに繋がるのです。

 

  1. 競合を知る

YouTubeのマーケティング戦略の次なるコツは、競合他社、特にあなたのトピックに関する有名なチャンネルを分析することです。それはどんな種類の動画コンテンツがターゲット層にアピールできるかを理解する効果的な近道です。

最終的に、どのチャンネルがトップになるかを決めるのは視聴者です。つまり、上位の結果が視聴者が探しているものに最も近いことを意味します。したがって、そこに到達するためには最も成功している競合他社から学ぶ必要があります。

たとえば、美容動画ブログに興味がある場合は、Yuya, Nikkie Tutorials, Tati, などのチャンネルを探索してください。以下の質問に答えて始めることができます。