標準的な印刷サイズの説明
トピック  
デザイン  

標準的な印刷サイズの説明

13分で読めます  

4 May 2020

考慮する詳細がたくさんあるので適切な印刷サイズを選択することは簡単ではありません。

デザインを印刷する前に、標準の印刷サイズや印刷解像度、正しい配置などを考慮する必要があります。

印刷に慣れておらず、どこから始めればわからなくても心配はいりません。印刷物を可能な限り最高の品質で印刷する究極の印刷サイズのガイドは次のとおりです。

 

印刷サイズと解像度

デザイン印刷の準備には2つの要素を考慮する必要があります。印刷のサイズと解像度です。これらは印刷時にデザインをはっきりと鮮明に見せるために不可欠です。

まず標準の用紙サイズと、一般的に使用される目的について説明しましょう。

standard paper sizes

出典: Digital printing

 

解像度については、推奨されている標準的な印刷サイズをざっと見てみましょう。

Print resolution for paper sizes

出典: Paper Sizes

 

最も使用されている印刷サイズのカンニングシートがあるので、具体的な印刷製品をさらに深く掘り下げ、どのように印刷すべきかを検討してみたいと思います。

 

チラシとパンフレットの印刷

チラシやパンフレットは便利なマーケティングツールです。貴社のブランドの宣伝、メニューの印刷、パーティの招待状の作成を行う場合でも、まずデザインが実際の紙にどのように見えるかを明確に把握する必要があります。

Letter flyer(レターチラシ)と呼ばれている標準のチラシはA4用紙形式です。大きなサイズのおかげで、かなり多くの情報を入れることができます。レターチラシはレストランのメニュー、製品リスト、教材などとして機能しています。

A4 flyer

次に、小さいA6サイズがあります。詳細を盛り込むスペースがあまりありません。会社の紹介、商品やサービスの紹介、イベントやコンサート、パーティーの宣伝などに適しています。

A6 flyer

最後に、幅が狭く長いDLサイズのチラシがあり、カフェやバーのメニュー、イベントの招待状、短いお知らせなどでよく目にします。

DL flyer

パンフレットも同じサイズ感です。大きな違いはパンフレットには折り目があるので、より多くの情報を入れることができる点です。折り目の数だけでなく、その配置も情報をどのように提示したいかによって変わってきます。

brochure folds

出典: Wallace graphics

 

ポスターの印刷

ポスターの印刷はパーソナルにもビジネスにも使用できます。ポスターを額縁に入れてオリジナルのインテリアデザイン作品として使用できます。また、企業の広告ツールとしても役立ちます。

一般的なポスターのサイズは、小、中、大の3種類があります。使用目的に応じて、ポスターにはイレギュラーなカスタムサイズがあります。

posters

小さいポスターは、A3用紙のサイズで、A4用紙の約2倍のサイズです。このサイズは、掲示板、特別オファーの告知、コンサートやフェスティバルのプロモーションなどに最適です。スペースが限られているので小さいテキストにしてください。目を引く大胆なフレーズが理想的です。

サイズを大きくしたい場合は、中サイズのポスターが最適です。サイズは457x 610 mmで、A2フォーマットよりもわずかに大きくなっています。中型のポスターは製品の宣伝や寝室の壁の装飾、イベントの告知などに使用されています。

medium-sized posters

大きく思い切ったデザインにするなら大サイズのポスターを使いましょう。 610 x 915 mmのサイズでが国際標準のポスターサイズと見なされます。このサイズはエンターテインメント企業、展示会、映画館、音楽祭などに最適です。大きなポスターは創造性と活気に満ちた画像を盛り込むスペースがあります。

 

名刺の印刷

名刺は貴社の代表です。スマートにデザインされた名刺は、貴社を素敵に紹介するために大切になります。クラシックなデザインにするのも、一風変わったユニークなデザインにするのも自由です。あなたのビジネスニーズによるので正解も不正解もありません。

名刺の標準サイズは89 x 51 mmです。一部のカードには、より多くのデザイン要素用に指定された追加の塗り足し 部分もあります。標準のカードが実用的な選択です。エレガントで上品に見えるだけでなく、財布やカードホルダーにもぴったり収まります。

standard business cards

前述の通り、名刺のサイズと形状はカスタマイズできます。63 x 63 mmの正方形を良しとする企ビジネスもあります。他には角が丸くなっているユニークな形のカードもあります。 このように、あなたのカードは普通のカードホルダーには収まらないかもしれませんが、間違いな目立つことができるでしょう。

unique business cards

出典: My metal business card

背景の色やテクスチャを試して、カードに個性を与えることができます。カードのテキストとデザイン要素は最小限に抑えると良いでしょう。 重要な情報と連絡先の詳細のみ入れるようにしてください。さらにスペースが必要な場合は、両面名刺を使用してください。

 

雑誌・本の印刷

雑誌やカタログは縦型でも横型でもかまいません。最も一般的な2つの雑誌のサイズは、216 x 279 mmと140 x 216 mmです。最初のものは標準と見なされ、A4用紙とほとんど同じです。アメリカのレター誌としても知られています。 もう1枚(140 x 216 mm)はA5用紙と同等で、ダイジェストサイズと呼ばれています。

A4 magazines

比較までに、ヴォーグ とコスモポリタンのサイズは203 x 276 mmで標準にかなり近いサイズです。 フォーブスの方がやや大きめ(229 × 276 mm)ですが、そこまで大差がありません。

四角い雑誌やカタログ(216 x 216 mm または140 x 140 mm)も時々見られますが、あまり一般的ではありません。

square magazines

本の印刷に関して、標準的なサイズは以下の通りです。

  • マスマーケット・ペーパーバックは108 x 174 mm
  • トレード・ペーパーバックは 140 x 216 mm から 152 x 229 mm まで
  • ハードカ・バーは152 x 229 mm から216 x 279 mm まで

books

本のジャンルも重要です。例えば、マスマーケット・ペーパーバックはフィクションの本に使用されるのが一般的です。トレード・ペーパーバックとハードカバーは小説や教科書、回顧録に使われています。

 

ノートの印刷

ノートのサイズはかなり柔軟性がありますが、それでも国際的な基準から免除されているわけではありません。サイズはブランドによって多少異なるますが、主な形式は特大、大、ポケット、特小のとおりです。

notebook sizes

出典: Milligram Journal

大まかには、通常の特大ノートのサイズは190 x 249 mm で、A4用紙よりも小さいです。ゆったりとした面積なのでアートスケッチブックに最適です。

大きいノートのほとんどが127 x 211 mmです(A5形式と同様)。このサイズはプランナー、バレットジャーナルなどで一般的に使われています。次はポケットノート(89 x 140 mm)です。ポケットに収まらないかもしれませんが、素晴らしいアイディアが浮かんだ時にしっかり書き留められるように、持ち運びに十分なほど小さく便利です。

large notebook

最後に、63 x 99 mmのサイズの超小型ノートブックを提供しているブランドもあります。これはリストの最小の用紙サイズであるA7に一致します。基準は国によって異なる場合がありますが、ほとんどのブランドは測定基準に従っています。

 

Tシャツの印刷

独自の商品を持つことはトレンディで楽しく刺激的です。 ただし、忍耐や計画、細部への注意も必要です。Tシャツの種類によって印刷の詳細や要件が異なる場合があります。

Tシャツの前面に大きなデザインをしたければ、インプリント領域は最大で305 x 356 mm です。デザインのサイズがそれを超えないようにしてください。

T-shirt front print

会社のロゴマークのような小さめのデザインは、胸元あたりに配置するのが一般的です。デザインは右、左、または中央に配置できます。ただし、127 × 127 mm以下に抑えるようにしましょう。大人用Tシャツのロゴ印刷に最適なサイズは約89 × 89 mm です。

小さいデザインはロッカーパッチとスリーブでも見栄えが良いです。袖にはあまり余白が無いので、89 × 89 mm 以下のデザインにしましょう。

sleeve logo print

出典: adidas

Tシャツの下部は中サイズのインプリントがスマートです。右側でも左側でも、推奨サイズは約127 x 152 mm です。

上質なTシャツプリントで重要な役割を果たす要因はシャツの生地、印刷方法などです。ひどい見た目に驚くことが無いように、その点を見落とさないでください。様々なタイプのTシャツモックアップを試してデザインに最適なものを確認できます。

 

モックアップの重要性

さあ、印刷に適したサイズと解像度がわかったところで、次は何をすればいいでしょうか?印刷屋に向かう前に、モックアップで実際のオブジェクトでプリントがどう見えるかを正確に確認することをお勧めします。モックアップはデザイン表示に使用できるさまざまな設定のプロの写真です。

Renderforest mockups

モックアップのもう1つの利点は、印刷の前に製品をマーケットすることです。あなたのデザインを世に送り出し、友人や顧客がどう反応するかを見てください。受け取ったフィードバックに基づいてプリントを調整・変更して、プリントが適切であることを確認できます。

レンダーフォレストは様々なプロのモックアップを提供しています。アパレルからブランディング、製品のモックアップまで、必要なテンプレートを見つけることができます。

Renderforest mockup templates

モックアップの作成方法はとても簡単です。お好みの設定を選んでデザインファイルをアップロードするだけで完成します。あなたのプリントが実際はどう見えるかを明確に把握することができます。

 

まとめ

お気に入りのデザインを色々なオブジェクトのセットに印刷するのは、楽しい経験になります。しかし、頭の中でイメージした通りの印刷をするには、事前にプリントの詳細を計画する必要があります。印刷のサイズと必要な解像度に細心の注意を払ってください。

印刷する前にモックアップを使用して、製品のリアルなプレビューをしてみましょう。どんどん試して調整していきましょう。思っていたよりも時間がかかる場合がありますが、完成品にはそれだけの価値があります。あなたのデザインとハッピーな印刷を手に入れましょう。

下のボタンをクリックして、すぐに最初のモックアップの作り始めましょう!

今すぐ制作

 

User Avatar

による記事

毎週公開されている、独占インタビュー、便利なチュートリアル、興味深い記事など、当社のフォレストブログを是非ご覧ください。

Renderforest Staff の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon

Would you like to change Renderforest language to English?