3D説明動画ツールキット。最初の3D動画 テンプレートの話
トピック  
アニメ  

3D説明動画ツールキット。最初の3D動画 テンプレートの話

8分で読めます  

27 Aug 2019

2019年4月18日は、当チームにとって特別な日です。 最も待望されていた動画テンプレートが公開されました。この種類のプロジェクトは2年以上に渡り進められていました。
世界初の3D動画 テンプレートを作成するという発想は、会社の設立当初から考えられていました。そして今、弊社の才能あるアニメーションチームは、勤勉さと一貫性をもって、それを実現することに成功しました。

このテンプレートは、マーケターや営業担当者向け、ハイクオリティな漫画アニメーションで視聴者に究極の視覚的なストーリーテリングの経験を提供する特別な機会になりました。

このテンプレートは、マーケターや営業担当者向け、ハイクオリティな漫画アニメーションで視聴者に究極の視覚的なストーリーテリングの経験を提供する特別な機会になりました。

過去2年間に渡り最新の3D映像技術に感性とテクニックを併せて作成されたデザインされアニメ化された作品。そして、それらを構成する凡ゆるキャラクターや背景、アイコン、動作の数々は、3D技術が如何に現実を視覚的に表現せしめるものかを貴方に再考させるだろう。3D explainer toolkit

その期間に、プロジェクトに取り組んでいるアニメーターのチームは増えましたが、Muradはプロジェクト開始に挑戦した人でした。

「このプロジェクトは私にとって大きな責任でした。 その時までに、一番成功した動画テンプレートは説明アニメーションツールキットでした。 以前の成功を上回る3Dバージョンを制作したことが、私の最大のモチベーションでした。」

特に最初、重い負荷が彼に引き継がれようとしていた時、Muradがあきらめようとしたことは一度もありませんでしたが、時間が経つにつれて彼は何をしているのか、ますます自信を持ち始めま、状況が変わりました。

「素晴らしいことを成し遂げるには犠牲が付き物だよ」と彼は冗談半分に言います。Muradが3Dアニメーションを作ることで一番魅力的に感じることは、あなたが望むように動くキャラクターが存在する新しい世界を制作することです。

「これは、私が想像上の世界に対して持っている力みたいなものです。 私はいつもアニメーションのおかげでストーリーを語ることを夢見ていましたが、他の人が同様の夢を実現するのに役立つ何かを作ることは、私にとって圧倒的にエキサイティングなものでした。」

数日にわたる議論の末に最初のスケッチが制作されました。 その後、アニメーションプロセスを開始する前に、キャラクターのスタイル、色、素材の処理に長い時間がかかりました。

3D animation character

Muradは各キャラクターに名前を付けたと告げましたが、誰もが好きな名前を付けて自分のものにすることができるように、公にするべきではないと考えています。

基本的なキャラクターが制作された後、ビジネス向けのバージョンを作成するというアイデアが生まれ、すぐに新しいビジネスキャラクターが追加されました。

100を超えるアニメーションシーンで、Muradは全てのキャラクターに感情移入し、新しく強化されたキャラクターを追加することは彼にとって大きな喜びになりました。

「なぜそのシーンがそんなに好きだったのかわかりません。 雰囲気を完璧に伝える説得力のあるアニメーションを作れたからかもしれません。 私がこの映像シーンを完成させた後、アートディレクターが温かい笑顔で立っていたので、私はまた一歩成長できたと思いました。」

このプロセスの主な難点は、一部の映像シーンにとてつもない量のディテールがあるため、作成プロセス全体が遅くなることでした。 彼がプロジェクトで行ったわずかな変更を確認するだけで5分以上かかることもありました。

一番困難なシーンの1つは、キャンプで仲良く過ごしている3人のキャラクターがキャンプファイヤーを楽しんでいるシーンでした。 映像シーンには100を超える木が含まれているため、それぞれの木のレンダリングは非常に困難でした。

時には何週間もかけた作業が無駄になることもありましたが、私たちのアニメーターは簡単にあきらめる人ではありません。一年にも渡るハードワークの後、ツールキットが公開され、2回目の創立記念日までには既に1000シーンがありました。

この期間でチームはいくつもの困難をくぐり抜けて来ました。

握手のシーンを作成していた時、アートディレクターや他の人たちによってほぼ準備ができて承認されていたにも関わらず、とても注意深い同僚であるArtyomは、キャラクターが左手で握手していることに気付きました。誰も気づかなかったので、その後、シーン全体を作り直し、右手用に調整しなければなりませんでした。」

全てのアニメーションは実写を参照しながら作成されました。 人々がどのように動いて、会話の中でどんなジェスチャーを使用するか研究することは、Muradやツールキットに取り組んでいる他の人にとって日常的なことでした。

「私は人々が話している姿を見るのが好きです。

時には何を話しているのかも聞き取れないこともあります。それでも私は彼らがどう動いているのかを知りたくて、3Dの動画を作る時にも、彼らの動作を引用する事があります。」

ある場面では、ある登場人物は手話を使い,実際の正しい手話で会話をします。

彼の話す内容:「こんにちは。Jeremyです。よろしく。少し歌を歌えるんだ。」

そのシーンを作るために、Muradは手話の勉強を始め、その魅力に取りつかれ、とても長い間彼の趣味になった。

「人々がどの様に動いてどんな表情をしているのかを見たかったので、私はよくビデオをよく見ていました。私は必ずしもリファレンスビデオを必要としている訳ではない、勿論のことだが。ただ、子供が縄跳びをしているのを見た時は、彼らをよく見る必要があった。私は人生で縄跳びを一度もやった事が無かったのだから。」

彼のコンスタントにスキルや知識を身に付けようとする意欲こそが、プロジェクトを成功に導く一番の要因です。
今、お客様はプロによって作られた予め用意された映像シーンを選択するだけでハイクオリティな動画アニメーションを制作し、優れたアニメーションで説得力のあるストーリーを伝えることができます。

User Avatar

による記事

毎週公開されている、独占インタビュー、便利なチュートリアル、興味深い記事など、当社のフォレストブログを是非ご覧ください。

Renderforest Staff の投稿をすべて読む
関連記事
Close icon
Search icon

Would you like to change Renderforest language to English?